y!mobile通信速度が異常に遅い状態になる落とし穴 APNプロファイル必ずインストールしましょう

y!mobileの通信SIMを新しいiPadに入れたら、普通に使えた。でも落とし穴が!!

3Gとしか認識せず、異常に通信が遅い!!

で、APNプロファイルをインストールしよう!って気づいたのですが、なんかのバグでプロファイルインストール画面に行ってもインストールされない。

結局iPad初期化したらダウンロードできました。

https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/config/

以下のプロファイルダウンロード許可確認画面が出てくれれば成功。

同じURLで下記の画面に飛んでしまうなら失敗。何故か再起動とかしてもプロファイルダウンロードは出来ない状態になる

y!mobileなど格安SIMで何故かスピードが出ない(3G)表記になっているなどの問題に気付けた方は必ずAPNプロファイルをインストールしましょう!

まとめ y!mobileは4Gやに5Gとスピード早いです!

・通信が3Gで使えてしまう状態はバグである事

・APNプロファイルダウンロードページがアクセスしてもダウンロードされない問題がある事(自分はiPadの初期化まで行うハメに)

・通信が出来たとしてもAPNプロファイルはインストールした方が良いこと

カテゴリー: TAIMEI

ゲーム下手くそな人が言ってるメタバースはほとんど詐欺の理由

結論から言うと
下手くそな人が言ってるメタバースの話は、ほとんど詐欺だと思って接した方が良いって話です

どう言う事かと言うと、
メタバース世界のゲームは課金で強くなりません。
ガチャいくら引いても、雑魚は雑魚。
そしてゲームがうまくなるためには練習あるのみ。

そして面白いのがゲームの上位ランクの方々と出会って一緒するのはすごく人間的にも魅力ですごく楽しいんです。

かたや昨日は低いランクでやってたら僕のプレー見て「うわー。何してんだよ。もーやめてまえ!」って、普通にで言われます。(先に死んでるのに!なんだよっ。お前だろ!って言いたくなるけど、怖くて言えんかった😭)

おそらくうまくなるために努力をする人達が上位にいくのでそう言うヒエラルキーが自然とできてしまう。

つまり、ゲームが下手くそな人は、一生魅力的な人とコミュニケーションを取る事が出来ないんです。

このメタバース世界ではお金ではその関係は買えないんですよ!
で。目的の無いメタバース世界は流行らない事は、すでに歴史が証明している。

そして、なぜかメタバースの世界でもお金で支配出来ると思ってる人がまだいる。。
ガチャたくさん引いてレアキャラ持ってる事で自慢し、周りのみんなを勝利に導く存在になれると。。。

仕組みを作った事でモチベーションを感じる人もいるかもしれないけど、そういう人はそのメタバースの中身は正直流行ればなんでも良いと思ってる。
そういう人が作るメタバースの世界が成功するはずは無いし、
そこでお金や権力を使ってその世界で有利な状況を作ろうとする事すら、裏機能とかで考えだしそう。

運営側にはテストのためとか言って自分の周りにガチャチケット裏で配りまくるとか。(これは流石に規制するようになってきたけど、まぁ巧妙化するだけ)

メタバースの世界観は、お金でコントロール出来ると知ったら人は去っていく。
だって世の中のほとんどの人はお金持ちでは無いので、バーチャル世界でもお金持ちにひれ伏さないとならない世界にいたく無いですよね?

で、メタバースの世界って過疎ると価値はほとんど無くなる。 だからメタバースの世界の土地買ってるとかってホントに流行ると思ってんのかな?って思う。

誰もいなくなった廃墟の土地買うようなもの。

で、この空間で人間的に素晴らしい人と接していくためには努力が必要でそれはお金では買えないって事なんです。

メタバース事業を本気で考えてる人でその上位の人とのコミュニケーションを出来てない人、それはその価値がわからないので絶対作れない。

暴言とか言われ続ける世界にもいたいとは思えないでしょうね。

だから下手くそな人がメタバース語ってるのってかなり僕は信用出来ない。

上位のコミュニケーション価値体験してからでしょ。

昨日は
会ったこと無いけど、地方に住むめちゃくちゃ楽しいナナオちゃんと、
学生で学校休み中のむいむいさんとプレーしました。

介護pex 介護ぺクス apex Mobile

ナナオちゃんとプレーするのはなんだろう。表現難しいけど、コミュ力めちゃくちゃ高い銀座のホステスとか、キャバ嬢とかアイドルとかと話してる感じとかいったら想像つくかなぁ。
Twitterアカウントみたら、すごく可愛い人でビックリした。。。

むいむいさんは、めちゃくちゃイケボで、戦略を適切に伝えてくれて、僕らをマスターランクに導いてくれた。

この上手い人が下手な人を上位ランクに連れていく事を「介護ぺクス」と言います。

つまり、介護を受けないと暴言とか言われる怖い人たちとのプレーから抜け出す事が出来ない。

45歳を前にして、バーチャル世界で僕は介護を受けています。

介護を受ける人生になったら死んだ方がマシだ!くらい思ってたのに、僕は「介護」が無いと楽しい人とコミュニケーションする権利も無いんです。

だから、ゲームの練習はこの先の時代では本当に大事なんです。

カテゴリー: TAIMEI

アルサーガパートナーズ やばい について

アルサーガパートナーズと言う会社を知らない人が初めてその社名を知ったときに検索するときに「アルサーガパートナーズ やばい」 で検索する人がいるでしょうか?

これはまずいません。

Googleの検索のよくある検索候補の出現する手法は

あくまでユーザが検索したよくあるキーワードリストを表示するロジックになっています。

ただこれは結構簡単にGoogleの検索を不特定多数のユーザからその検索があったような状況を作る事はシステムを詳しい人であれば比較的簡単に実現することができます

では「アルサーガパートナーズ やばい」と言う検索結果を向後徹哉にあげたいと思う心理状況はどこから来るのだろうか。

これは単純にアルサーガパートナーズのイメージをダウンさせたいという気持ちだろう。

その理由は、競合企業だったり、恨みを持った関係者だったり、さらには小俣泰明個人の怨恨などがあるでしょう。

ここで重要なのはこの検索ワードの削除と言う行為は逆SEOと言う行為を使うことで消すことができます。

これにはコストがかかるのである意味ダメージを与えられたことになるということが言えると思います。

そしてこの逆SEO等で対策を取ったとすることがその怨恨を感じているような人に発覚した場合、おそらく多くのネガティブな言葉を使って継続的にダメージを与えられると言う事を気づかせる理由になるでしょう。

そんな状況の中で当社が取った戦略はアルサーガパートナーズやばいで検索したときに当社のことをよく知ってもらうようなサイトが表示されるようにアルサーガパートナーズがやばい件についてと言うようなサイトをリリースする

逆に逆手に取った形になります

https://www.arsaga.jp/news/arsaga-yabai-questionnaire

(しかし、これを社内でアピールしたら社内メンバーが、「アルサーガ やばい」でたくさん検索してくれて、さらに定着してしまうと言う事に。。。)

また アルサーガ やばい が残ってくれていれば、他のネガティブワードなどが上がりづらくなる状況も作れるので当社としては逆にこのやばいと言う言葉が残ってる状態をポジティブに捉えています。

例えばアルサーガパートナーズの株価が大きく下がった時、多くの個人投資家から恨みを買うことにもなるでしょう。

この恨みに対して検索ワードを消していくと言う活動は何のメリットもない。

怨恨を持った人に対してはそのことでしか返すことができない株価が下がったのでであれば株価を上げて返すしかないでしょう。

その時にこの記事を見てもらえれば何か気づきがあればいいなと思っております

カテゴリー: TAIMEI タグ:

パーソナライズ化された空間オーディオとHIPHOP

iOS16が出たのでiPhoneX以降をもっててAirPodsなどを持ってる人は
空間オーディオのパーソナライズ化を体験できることになりました。

今までの音質がどれだけ潰れて聞こえていたかがわかります。

没入感かなり上がります!
そしてこれは最新のAirPodsProじゃなくて出来る!

ソフトウェアだけでこれが実現する仕組みを作ってくるところにApple社の盤石さを感じさせてくれますね。。

後地味に電池残量も数字表示になったのも嬉しい。_

HIPHOP、90年代2000年代のクラブシーンを愛していた自分が体験した感想は↓

AirPodsProで聞いた評価としては没入感(その世界にいるような感覚)はますけど、耳を殴りつけるような重低音はなくなる。
HIPHOPサウンド的なLo-Fiエフェクトのエグい重さ。音量。この辺は期待できなくなる。

Lo-Fiな音色を加えることで雰囲気を出していた曲は全部違和感な状況。レコードノイズとかが良い例ですね。

耳を壊すような音量にしないという方針なんですかね。クラブの爆音みたいな鼓膜破れるような体験も時には良かったくらいに思ってる自分としては、時代の変化とともに安心、安全の上で成り立つ世界観になっていくことになんとなく寂しい気持ちになりました。

新しい世の中に適応できるようにがんばります!

カテゴリー: TAIMEI