キャリア窓口でのスマホの購入 よりネットの購入の方がUX価値が高い!?

人がしっかりサポートしてくれる窓口でのスマホの購入がネットでポチる体験価値よりも大きくUX(体験価値)を下げている。

2020/10/15 Galaxy Note20 Ultraの国内版発売日。自分はこのスマホが何ともしても欲しく、予約して待っていた。前日に連絡が来て、無事発売日当日に入手できるので窓口へ来るように連絡をいただくことに。
(補足:なぜ国内版に拘ってるかというとおサイフケータイでIDやedy、SUICAなどを使うため。でもどうやらdocomoのID決済はau端末ではできないことが後で判明することになる)

UX体験価値が下がる点

窓口に着くと、私のGalaxy Note20 Ultraの箱を発見!!!
なんと、すでに開けられている・・・・。

『開封の儀』が終わっている・・・。

この儀式にどれほどの価値体験があるのかをわかっていない!!!!

と、まぁこの辺は半分ネタとしてここからが本題

キャリアの窓口での携帯購入の苦しさ。

窓口に来店した私は、人がサポートしているにも関わらず、正直苦痛の時間というUX体験を得ることになる。。。。

まず来店最初にタブレットを渡され、個人情報意外にどんなサービスを使っているか?どういうものに興味があるか?などの情報を30項目近く入力することになる。しかし、この情報のほとんどは後にわかるのだが、営業に使われるだけのものであったのだ。

さらに事前に登録したにも関わらず同じ質問を求められる、基本タブレットに入れた内容は営業に使われる。
今回の新型スマホを入手する契約のために必要だと錯覚させられてこの営業に使われるやり方は・・・・

そして、契約手続きが始まる。

auスターの登録しますか? え?「auスター」?何なの?
「無料でできますがはいらないんですか?」 新型スマホを購入するのに必要なことなのだろうか?よくわからずauスターに登録することに。

通信プランはどうします?
ピタッとプランではなくデータMAX5Gプランが2000円お得です。
(何を持って2000円お得なのか・・・ピタッとプランの方が安いのに???)
データMAX5Gプランは1年後に5Gスタート割は無くなります。
(ややこしいー。1年後にはプラン変更しないと高い金額を払い続けることになる?覚えておけるのか・・・てか、そもそもピタッとプランとかデータMAXプランとか言われてもわからない。でも、テレビでも言われてるくらいだから常識なのか・・・)
安心パックパックは本当に入らなくて大丈夫ですか?
・・・何が安心なのかもわからない。それ入らないと大変なことになるようなプレッシャー。てか、そもそも頼んでないのにデフォルトで契約されてる恐怖!

テレビはよく見ますか? 「はい。テレビ見ます。」
テレビよくみられるならテレビプラスに加入されるとお得です。
そちらもプランにも入りますね。(え?テレビ見るとお得って、どういうこと?家でテレビ見ることが多いんだけど、テレビプラスなるサービスに入れば何がお得なのか・・・・。)

そして実機で行う作業としてpontaカードログインなどを窓口で要求される。なぜそんな作業まで要求されるのか・・・。元々PONTAカードアカウントは持っていたので、ログインを試みる。
しかし、そこでPONTAのセキュリティのため、確認メールの情報を受け取らないとならない。これは別通信機器を持っていないと出来ないのでは?それを機種変更の途中で行うことは現実かなりハードル高いのでは・・・。
大丈夫かな・・・この業務フロー。

次にauPayのプリペイドカードが無料で発行されます。チャージして毎月の支払いをすると非常にお得になります。
なんかどんどんいろんなサービスに加入していくがすでにほとんどのサービスの価値を理解していない。お得だというので信じて加入するしかない状態に。
それでは、auPayのチャージもしていただきますのでクレジットカードの登録をお願いします。

(え?チャージ?なでそこまでやらせる!?)流石にスマホ買いにきただけなのに

『auPayなるもののプリペイドカードにチャージをしなくちゃいけないか理解できない!』
お客様は、商品の支払いをなされていませんので、それでは商品をお渡しできません。
『え?最初に免許証とクレジットカードを渡してそれで登録してましたよね?それでクレジットカード処理できたと言ってましたよね?』

いえ、支払いはクレジットカードの支払いですが、初期費用の支払いは別になります。最初に行ったのは月額支払いのためです。

(正直、お金払ってない扱いされるレベルまで来ると正直悲しくなる。Galaxy Note20 Ultra国内版が欲しいだけなのに・・・)

結局、auPayにクレジットカードを登録し、チャージしてそこから購入するという作業を行うことになった。
半端の代金はauPayに残った。
そちらはコンビニなどで使えますので便利です。
いやいやいや、お金はどこでも使えるし!どこが便利なんだ?!

(そして私だけなのかもしれないが、楽天カードやオリコカードどちらもVISA付きなのだが、登録が完了しない。結局アメックスで契約することに。
これクレジット登録完了出来なかったら購入出来なかったと思うと非常に恐ろしい)

何とか、auPayから本体代金の購入を完了させ、無事契約は終了

Galaxy Note20 Ultraが僕の手に渡される。
傷などないか確認してください。

え・・・・このタイミングで傷とかあったら、上記の工程をもう一度やり直しになるんじゃないか・・・。

それを思うと、多少傷とかあってももういいやって気分になってしまった。

そんな気持ちで受け取った Galaxy Note20 Ultraに私はスタートの愛情を持ちづらい状況となってしまった。。。

人を介して得られる価値が、ネットを使った価値よりも落ちる

人がサポートすることが最高のUX体験と信じていた自分にとってこの体験は大きな気付きとなりました。

そして同時にITの将来性を感じることに。

こんな巧妙な営業に推されて高い月額料金を搾取される状態。 こんな世界で生きてたら特殊詐欺を見抜くことも難しくなる。

僕も必要のないサービスをいくつもお得という言葉だけで契約されて、無駄な出費をされていく事になったわけです。

この体験を考えると海外版を買っておいた方が良かったと考えさせられました。

カテゴリー: TAIMEI

2020年タブレット理想環境

待望のGalaxy Tab S7 Sペン対応のタブレットが登場しました!
そこで私が多くの時間をかけ最適な環境を紹介します。


タブレット利用は外出に耐えうる状況であること。

1. SIMカード入りのタブレットは必須
 PCは外出時Wifiの接続作業や起動時間にほんの数秒だが時間がかかる
 このストレスは外出先では辛くなってくる

2.PCでしかできない作業があるときは Splashtopで対応する。
 WindowsもMacも起動できるのでこれによりほぼ全ての作業はタブレットで完結できる 

3.メモはペンで書くことが重要。
 打ち合わせなどでパソコン置いて何か打ち込みながら話す人がいるがこれは内職してる?!って思われることもある。
 ペンで描いてる場合、相手にも見えるので、そこで説明ができるため議論がしやすくなる。
 最近、Google meetにもホワイトボード機能が入ったがやっぱり自由に描きながらそこで説明するという工程は話をしやすくなる。

Splashtopを使ってiPadからWindowsを起動した画面
Splashtopを使ってiPadからMacを起動した画面
8インチのメモがかけるノートは手帳のように持ち運びやすい。

2つのタブレットが必要

ここで重要になってくるのがメモを書くデバイスと情報を見るデバイスの二つが必要になるということ。

■情報を見るデバイスはiPadに軍配が上がる。キーボードの反応。トラックパッドの操作感はAndroidタブレット勢を凌駕する。
特にトラックパッド+iOS14でのマウス操作感は感動の体験を得られる

■メモを取るデバイスとして
こちらもiPadPro、iPadmini + Notability でかなり最高な環境は実現できるのだが、手帳サイズで持ち運べてペンも収納できるGalaxy Tab A with S-Pen の8インチでの環境と Samsung Notes (Galaxy Notes)のコンビは最高に便利

・雑な手書き文字でも検索で見つけてくれる
・音声録音した場合に文字入力と連動し、頭出ししてくれる
・各種デバイスに同期可能 2020年11月からはMicrosoft Onenoteと同期ができるとのことでさらに完成形となる。
 iPadで上記のことができるNotabiltyももちろん素晴らしいが、Android、Windowsへの同期ができないためApple製品だけで仕事もプライベートも完了できる人じゃないと厳しい

結論: iPadPro + Galaxy Tab A with Sペン(もしくはGalaxy Noteシリーズ)の2台構成が外出時の最高セット

通常作業はiPad Pro + Magic Keyboardに任せ。
ノートは Samsung Notes(Galaxy Notes)で全デバイス同期することで会議なども含めた仕事とプライベートライフが成立する

上記のデメリットも記載しておきます。
・iPadPro用のMagic Keyboard がiPadよりも重くパソコンと同じくらいの重さになる。13インチ iPadProの場合は1kgを超えてくる。これならパソコン持っていった方が良いのでは?ってなるが。そこはPCのバッテリーの持ち時間や、毎回の起動の遅れなどを考慮するとiPadでいいとなるはず。

・Galaxy Tab A with S-penはSIMが搭載できない。
 ここはノートと割り切り、必要であればテザリングで対応するとしてメモ帳と割り切る。コストも3万円代なので。10万円を超えてくるタブレットシリーズと比較しても安価と言える。

僕は上記の構成に加え、カバンを持たない時は iPadProを iPad miniに変更し、大きめのコートのポケットに入れて運びます。


ポケットが小さい服の場合は僕はこのビジネスホルスターを装備し、2丁拳銃のようにipad miniと Galaxy TabA を忍ばせて移動します。 
ここまで来るときもいレベルですかね^^;

皆さんのタブレットを活かしたプライベート+ワーク環境構築の参考になれば幸いです!

カテゴリー: TAIMEI タグ: , , , , , , ,

パンデミックのノアの方舟

ミッション・インポッシブル ローグネイションがテレビで放送された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

このシナリオは、トムクルーズ主演の所属する諜報機関がその機関の存在意義を主張するために架空の犯罪裏組織をでっちあげていると言うシナリオ。

昔からこのような構図はよくある話。

シロアリ駆除会社が仕事がなくなったらシロアリをばら撒く。

セキュリティ会社が売り上げなくなりそうになったらセキュリティリスクをばらまくように。宗教カルトが仮想敵を作って煽るように。。。

自作自演は世の常かもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな中、高齢者だけが死ぬと言って良いウィルスが生まれた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58010740T10C20A4CE0000/

ノアの方舟を作りあげた者が思った。

『お金だけかかる家族からも見放された介護しないとならないような人間が生きてる意味があるのか?』

『未来のある若者に高齢化社会の年金負担をさせるような状況に見ないままにして良いのか?破綻が見えているのに!?』

『これを使ってそんな世の中を解決させるべきだ!』

「そんな確実にそんな人だけに感染させることができるわけがないんじゃないか?」

『もちろんウィルスは確実では無い。若者や死んではならない人にも影響を与えるかもしれない。正義には多少の犠牲は仕方ないだろう。』

『死んではならない人間には先に伝えることで対策を立ててもらう』

「そもそもそんなウィルスをばら撒けば感染源を突き止められ犯罪者とされてしまうだろう」

『世界で嫌われている国から発生させ、陰謀説に見立てれば良い。

世論が勝手にその国のせいにしてくれるだろう。』

『一気に広がらせるには人が集まるところが良いな。市場とかで広げれば一気に広がるんじゃないか』

このパンデミックは中国武漢の市場から発生した。(と言われている)

WHO、「中国の魚介類市場が発生源」

https://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2020/05/09/xin-xing-koronauirusu-who-zhong-guo-noyu-jie-lei-shi-chang-gafa-sheng-yuan-1413874

「経済にも大きな影響が起こるだろう?」

『優秀な事業家には先に伝えよう。先手を打って準備してもらえばいい。ダメージはあるがすぐに彼らが大きく迅速に発展してくれる』

欧米の大手企業のCEOがこの事態を知っていたかのように過去最高に辞任した。

https://media.rakuten-sec.net/articles/amp/26316?page=4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんなストーリーだったとして、頑張ってる人が仕事がなくなったり、経営破綻したりでバブル時代のような自殺者、行方不明者を作るような状況は絶対あってはならないと思う。

いろいろな情報が飛び交う状況の中で真実が知りたい。

カテゴリー: TAIMEI

『最近流行りのアジャイル開発と今の企業の決済取るための関係性』

このテーマ(https://blog.flavacube.com/2020/02/%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9%e3%81%a8%e3%80%81%e7%99%ba%e6%b3%a8%e8%80%85%e5%81%b4%e3%81%ae%e8%80%83%e3%81%88%e6%96%b9/)は続きがあって・・・

アジャイル開発で行きましょう!って話になって、

その後、概算見積もりを予算取りのために必要だということで、大手企業の場合求められる。

概算見積もり出すためには、何を開発するか決定し、ある程度の概要設計が必要となる。結局、ウォーターフォール型開発になってる!!!!

そして、予算が決まっているにも関わらず、アジャイル開発なんですから、仕様変更できないのはおかしい!って言ってくる発注者側・・・。

仕様変更が発生したなら、その設計費は当然追加で必要になるし、そもそも、アジャイル開発の場合1年後の完成品を予測することなど僕の経験上絶対不可能。それくらい、IT業界のスピードは早い。

ITリテラシーが低い発注者がアジャイル開発でと言われたときに、うかつに飲むとホント事故りますよね。
こういう会社とどう付き合うのか、まずはアジャイル開発の成功率を説明し、アジャイル開発の場合予算は最高のパフォーマンスをできる人数、チームでアサインしその費用を捻出し、お金のことでの交渉などが存在せず、成功のために両社が目的をあわせる必要があります。
みたいな、説明をしていっても、会社で何ができるかわからないものに予算が通らないんです。みたいなことになって、自然と初期に概算見積もりで設計したシステム開発をウォーターフォールで開発していく流れになっていってしまう。
ウォーターフォールや、人月工数算出見積もり。この国内開発の文化を変えたいんです! 

みなさんお力お貸しいただけないでしょうか!?

コメント facebookで投稿してますので、ぜひアドバイスなどいただければ幸いです!

https://www.facebook.com/taimei.omata

カテゴリー: IT進化論, TAIMEI, 開発全般 タグ: , ,